超音波探傷での縦波と横波の役割

超音波探傷とは非破壊検査の一種です。
発信機から放出される超音波が内部の傷に反射され、探触子で受信し、高周波電圧に変換することで欠損の大きさや場所を把握する検査です。


材料の内部の割れやきずの検査、溶接部検査、接着・剥離検査、厚さ測定などに用いることができます。

また、金属材料・非金属材料どちらでも用いることができますが、金属材料の方が遠くまで超音波が届くので、大きい材料でも超音波探傷できます。

ワキガといえばこちらのサイトです。

超音波には、縦波と横波があります。

超音波探傷には、垂直探傷と斜角探傷の二種類があり、用いられる超音波の種類が違います。垂直探傷は、試験体の表面が水平の場合に発信機から垂直に超音波を発信することで検査をします。


これに使われるのは縦波です。

豊胸手術について詳しく書かれています。

垂直探傷は、超音波の伝搬速度と反射までにかかった時間から位置を割り出すので、伝搬速度の早い縦波が用いられます。
鋼板など水平に作られたものに対して有効な検査方法です。

次に斜角探傷は、試験体の表面が何らかの理由で水平でない時に、発信機から角度をつけて超音波を発信することで検査をします。


斜角探傷は、超音波の入射角と路程から位置を割り出すことができるので、広い範囲を探索できる横波が使われます。また斜角探傷は、エコーの高さや広がりから傷の性状を知ることができます。

人気のある美容皮膚科の情報が必ずあります。

溶接部や鋼管など、曲面をもつものに対して有効な検査方法です。
適した超音波の種類と音速を選ばないと、正確な傷の大きさや位置を検出することができなくなります。