ガラスコーティングをした自動車のメンテナンス方法

自動車を新車を購入した際、できるだけ愛車を美しく保つために、ディーラーでガラスコーティングを依頼する人も多いです。

確かにガラスコーティングをしておけば、していないものと比べ、はるかに傷つきにくくはなりますが、だからと言って何もしなくて良いのかというと、決してそんなことはありません。


ガラスコーティングをしている自動車でも、洗車をしなければなりませんし、間違ったやり方をすると台無しになってしまう場合もあるので、そのようなことにならないように、ちょっとしたポイントだけでも覚えておくと良いでしょう。

千葉のカーフィルム関連のノウハウを解説します。

基本的にガラスコーティングを施工している自動車というのは、水洗いをしておけば汚れは落ちるので問題はないのですが、厄介なのはその時にできる水滴です。



きっちり拭き取らないと跡が残ってしまい、見た目が悪くなります。



冬場ならそれほど神経質にならなくても良いのでしょうが、夏場なら拭いている間に別の箇所が乾いてしまう、ということもようあることなので、朝早くか、もしくは日が落ちて気温が下がった夜に行なうようにしておきましょう。汚れに関しては以上の方法で良いのですが、他にも鉄粉と呼ばれるアスファルトから舞い上がった鉄の粉が大敵で、これはボディに突き刺さり、放置している塗装を傷める原因となるため、ホームセンターやカー用品店などに売っている鉄粉除去剤で取り除いておくことをおすすめします。
このように、定期的にメンテナンスしておくことで、結果的にガラスコーティングを長持ちさせることができます。